戦神 第八集 中文セリフ ①

この回では、まったくあのわがまま娘に腹立ちますね!
零はびしっ!!って言うんだけど、そうすると今度はひきこもり。
結局、零は、また様子を見に行ってしまう。
否定はしてもやっぱり過去をひきずっている零はつらそうです。



海で夕暮れまで遊んで、零に家まで送らせる莎织。
ネックレスしてくれる?とおねだり。
零ったら緊張してるの?つけるのにずいぶん手間取っちゃって。。。
その間、莎织は言いたい放題。「彼女はあなたのことをほんとに好きだとは思えない。」「私だったら絶対あなたを渡さない。」などなど。
そして「你是我的」宣言!

绮罗は、学校で零をずっと待っている。様子を見に来た达也は、绮罗がいじらしくてつい抱きしめてしまうが、そこへ零が・・・・・・。

达也: 你现在是这样看到以前女朋友回来就开始三心二意。(前のガールフレンドが現れたからってふらふらしやがって!)

memo:三心二意成語。アレコレ迷う。優柔不断。といった意味。

绮罗は、「达也のことは誤解しないで、私を心配してくれただけだから。」と、达也をかばう。
零は、「そんなのはわかってる。あいつはオレとちがって、友だちのガールフレンドをとったりしない。」と、自嘲気味に言う。
「莎织にとっては圣でもオレでもどっちでもよかったのさ。オレだって、楽しければそれでよかった。」

あなたはそんな人じゃないわ。と、绮罗。

はい、はじまりましたね。绮罗の決まり文句。
もう何度、零にそう言ったことでしょう。
零は毎回、オレはそんな人間さ!って言うんだけど、绮罗の言葉はいつも零の心の奥を探り当てているのです。

零に会いに来た莎织。巻き髪くるくるで、すっごく目立ってて早速、男の子に声かけられてます。
目ざとく見つけた晴美は、何しにきたのよ!!ってはじめからケンカごし。
止めに入った绮罗の腕につけられたブレスレットを見つけた莎织は、「なんであなたがこれをしてるの!私にちょうだい!」って、今度は3人でもみあい。
もみあう中、莎织は階段から落ちてしまい、ちょうどそこに零が現れ彼女を助け起す。
莎织はガラッと態度が変わって「彼女がやったのよ。ワザとに決まってる。零の前ではおとなしくしてるんでしょ。あんな人大嫌い!」と、甘え声で訴える。女の武器、全部使ってるって感じですね。
零はびしっと莎织の頬をたたく。 
そして「みんなのためだ。帰れよ。もう最後にしよう。」と莎织をおいて绮罗とそばを離れようとします。

さすがの莎织も傷ついて呆然としてふらふら歩きだすけれど、そこに車が・・・・・・。
零は、危機一髪で莎织を助けたものの、自分の手を怪我してしまいます。
病院で零を待つ間、莎织は绮罗に「零を私に返して!」と、訴える。

绮罗は、莎织が本気で零を好きなんだと感じるけれど、私は零を縛っているわけではない、彼が好きだからそばにいるだけ。と、自分の気持ちを静かに話す。
莎织は、圣も同じことを言ったわ。とつぶやく。

零を好きになった莎织を許すと言いながらも自殺してしまった圣。
圣の自殺で心を病むほど傷ついた零。
圣の死に対する共通の傷を今も持つ莎织と零の2人。
2人の心の傷の深さに、绮罗は気がつかされた。

家に帰って、初めて圣と零に会った時のことを思い出す莎织。

零: 圣,你看!那个女的长得好像光子阿姨家的狗一样。
圣: 你说那只博美简直一模一样。你好坏。

(ほら、見てごらん、あそこの女の子。光子おばさんちの犬にそっくりだ。ああそっくりだね。おまえ、悪いやつだな!)

壁のカゲに半分隠れて転校生の双子を見ていた莎织ですが、双子はこんな会話をしていたんですね。
決してほめられていたわけではないのを莎织は知っていたのかしら?

私、莎织ってチンみたい!ってずっと思っていたのですが、零もそういうくらいだから、やっぱり犬に似てるんだわ!
ま、性格はキツイところがあるのだけれど、零に対する気持ちをずっと持ち続け、今も心の傷が癒されることがないという点はかわいそうで、悲しいですね。
[PR]
by hastings4245 | 2006-03-11 03:25 | 戦神
<< 戦神 第八集 中文セリフ ② ... 始皇帝暗殺 >>