無極 (The Promise)

戦神に専心します!なんて、言っておいて
またここで寄り道です。
すみません。

無極(The Promise)を見ました。
先月、チャイナタウンに行った時は、中国語版しかなかったんですが、
今回、英語字幕つきが出たんで買っちゃいました。
やっぱり、中国語だけっていうのは、私には厳しいです!
7ドル50セント。
ちゃんとDVDで、映像も音質もきれいで、やれやれでした。

一言で言うと、豪華絢爛な映画です~!

色もきれいだし、スペクタキュラーな舞台作りです。
コスチュームもすばらしいです。

ストーリーは。。。
はっきり言ってツッコミどころ満載。





心情表現、めちゃくちゃです。

なんで、こんなにこの女のこと、愛してんの?
なんで、こんなに執着してんの?
あんた何をしたいの?
誰がほんとに好きなの?

全然理解、共感出来ませんでした。

運命のことを語りたかったのか?
究極の愛を語りたかったのか?

もし、そんなのを表現したかったとしたら、はっきりいって失敗です。
そんな深いところまで表現できていません。

光明大将軍
真田さんですね。

大将軍だったのは、はじめの20分くらいなもんで、
あとは、女にうつつを抜かすどっかのおっつぁんでしたわ。

傾城と色違いでピンクの長衣なんて着ちゃって、
北公爵にからかわれたりして、
いい年して おばかさんだわ~!

奴隷
チャン・ドンゴンのファンには厳しい奴隷の役。
コメディー担当なのかしら?
あの、走りっぷりは。。。
地をはうゴキブリのような。。。
見るたび、笑っちゃいました。
笑いをとるシーンだったの?そうじゃないよね??

主人を助けるために命をはったり、
かと思うと、女のために、主人の命令を2度もきかなかったり。

で、その女
傾城
すべての男に愛される女、という設定なんですが、

この人が???って感じ。

セシリア・チャンは確かにきれいですけどそこまでの魅力は出せてない。
登場シーンから、
この人ってストリッパー???って思っちゃいました。

みんな実力派の俳優さんなんで、決して演技力の問題ではないと思います。
要するに、台本が悪かったんでしょうね。
話が突飛過ぎる。
破綻してます。


それでも、私は、見てよかった!!って思うし
人にも、見て!見て!と、おすすめします。

それは、なぜか?!

ひとえにニコラス・ツェーが美しいからです。

ほんとに、きれいです。
妖艶です。
白いコスチュームも黒いコスチュームも美しい。

扇子をもってのアクションシーンなんて、みとれてしまいました。

彼が、傾城の役をやった方が、よっぽどあっていたんじゃないかしら!

彼を見るためだけでも、この映画は価値があると思います。

あと、大道具、小道具がなかなか見所ですよ。

満神の宙にふわふわ浮かぶ髪のわっかとか、
巨大な鳥かごとか
黒羽の男(名前忘れた)のもつ曲がった剣とか
スクリーンを配した同心円状の部屋とか
(ここでのアクションシーンはすごい!)

あ、でも、北公爵が持っていた指突き出した杖!

あれは、いただけません。笑っちゃいました!
もっと美しいもの作ってほしかった。


この監督、運命とか愛を語りたかったんじゃなくって、
コンピューターゲームのような映像を撮りたかったんじゃなかろうか?!
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-17 08:32 | 映画
<< 無極 (The Promise... 指比べ >>