戦神 第六集 中文セリフ ②

レース参加のために日本へ旅立つ零。绮罗は、「自分の分も応援してきて」と、晴美に頼んで自分はお留守番。
見送りに来た空港で、ちょっと心配そうな绮罗。

零: 放心啦。我不会有事的因为我是天才。
(零: 心配ないって!何も起きないさ、天才なんだから!

绮罗は以前もらったブレスレットをとって零に渡します。
绮罗: 这个你戴在身上 你之前不是说你戴着它得冠军吗?这次它一定也可以保护你。
(このブレスレット、以前にこれをつけていたら優勝したって言ってたじゃない?これがきっと又守ってくれるわ)
私、このブレスレットは賞品でもらったって思ってましたが、そうじゃなくて、これをつけてたら勝てたってことだったみたいですね?あー。勘違い。

零: 不用。这已经是你的。你不放心?
那。。。你随便从你身上拿个东西给我。什么都可以。只要是你的就可以了。


(いいよ。これはもうお前のだから。ん?まだ安心できない?じゃあ・・・・・・。身に着けてるものなんでもいいからもらおうかな。お前のならいいから。)

绮罗は髪にしていたピンクのリボンを零の手首に巻いてあげる。
かわいいね~。恋人のものなら何でも身に着けておきたいっていうその気持ち。
そして、零は、ピンクのリボンのついた手をひらひらってさせて、ゲートに向かう。

あとで追加しますが、今日はちょっとここでダウン。。。
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-24 17:25 | 戦神
<< 戦神 第六集 中文セリフ ③ ... 戦神 第六集 中文セリフ① 你... >>