カテゴリ:戦神( 28 )

戦神 第六集 中文セリフ ③ 亲我一下的话

いよいよ日本でのレースのはじまり。
达也って日本語できるんだね~。でも、なんて言ってるのか全然わかりませんでした(笑)。
彼に話しかけた人の言ってることも、わかりませんでした~!音質が悪いからか、日本語が変なのか、はたまた私の耳が悪いのか~~???(笑)

阿滨: 日本人英文我听不懂。      
(日本人の英語はわかんないんだよ。)

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-25 06:38 | 戦神

戦神 第六集 中文セリフ ②

レース参加のために日本へ旅立つ零。绮罗は、「自分の分も応援してきて」と、晴美に頼んで自分はお留守番。
見送りに来た空港で、ちょっと心配そうな绮罗。

零: 放心啦。我不会有事的因为我是天才。
(零: 心配ないって!何も起きないさ、天才なんだから!

绮罗は以前もらったブレスレットをとって零に渡します。
绮罗: 这个你戴在身上 你之前不是说你戴着它得冠军吗?这次它一定也可以保护你。
(このブレスレット、以前にこれをつけていたら優勝したって言ってたじゃない?これがきっと又守ってくれるわ)
私、このブレスレットは賞品でもらったって思ってましたが、そうじゃなくて、これをつけてたら勝てたってことだったみたいですね?あー。勘違い。

零: 不用。这已经是你的。你不放心?
那。。。你随便从你身上拿个东西给我。什么都可以。只要是你的就可以了。


(いいよ。これはもうお前のだから。ん?まだ安心できない?じゃあ・・・・・・。身に着けてるものなんでもいいからもらおうかな。お前のならいいから。)

绮罗は髪にしていたピンクのリボンを零の手首に巻いてあげる。
かわいいね~。恋人のものなら何でも身に着けておきたいっていうその気持ち。
そして、零は、ピンクのリボンのついた手をひらひらってさせて、ゲートに向かう。

あとで追加しますが、今日はちょっとここでダウン。。。
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-24 17:25 | 戦神

戦神 第六集 中文セリフ① 你不会失去我的

この回では、もう少し詳しく零の過去がわかってきます。
そして、零は日本でのバイクのレースへ。
零と绮罗は絆が出来て、とてもいい感じの2人になってきてますね。

**************************

零は自分の入っていた病院へ行って院長に会う。
自分はまだ治っていないのではないかと思っている零。
院長は、体の傷と精神の傷は違う。君はまだ、自分が弟を殺したと思っているのか?と、零に問う。

授業中の零。熟睡中。そんな零を見ながら、いつか彼を失うのではないかと不安になってしまう绮罗は彼をつついて起こす。
と、零は突然立ち上がって

零: 我的终极目标是在世界GP500赛事到冠军。

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-23 15:31 | 戦神

戦神 第五集 後半

やっと学校に来た零。
うまく行き始めた零と绮罗を、明るく見守り、
达也は、キスしかしていないという零をからかう。

ケンカ相手の阿滨とは「おれ達兄弟!」と、仲直り。
阿滨は达也にも「大家都是麻吉了」と、声をかけて、退場。
この時の、彼の手のしぐさは、ちょっと前に流行りましたね。

この麻吉がよくわかんないんですけどね。
兄弟とか仲間とか、たぶんそんな意味でしょう。


そんな楽しい気分のところに、仓泽先輩現る!

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-22 03:51 | 戦神

戦神 第五集 中文セリフ ② 我哪儿都没去

美術館に出かけた绮罗と零。
人間観察をして、人にいろんなタイトルをつけて笑いあう2人。
2人とも、ほんとにすごく楽しそう。なんだか急に駆け出したりして、大笑いしてるよ~!
何でも楽しい時だね~!

ついその場のノリで、一言言ってしまう零。

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-21 17:25 | 戦神

戦神 第五集 中文セリフ ① 我们之间就失去了

載せたいシーンはいっぱいあるけど、ぜーんぶ書くわけにもいかず、
だけど、ここにも、あそこにも、言いたいことがいっぱい!というジレンマです。
今回は、零の過去も少しわかる重要なお話。
それと、零と绮罗の見所もあるしね!(ニヤリ)

さて、第五集

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-21 09:38 | 戦神

戦神 第4集 中文セリフ ②

前回の绮罗のセリフ、覚えてますか?
那我画完画之后我们就不要再见面了。
これに零はどう答えたか?

シーン: 零は、绮罗の絵のモデルをしていますが、じっとしていられなくてゲームに夢中。

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-19 08:11 | 戦神

戦神 第四集 中文セリフ ① 我们都是笨蛋

全然授業に出ないので、史老師に怒られる零。
おちゃらけたこと言って、先生をよけい怒らせちゃいます。

あのーここって、大学でしたよね?
ちゃんと把握できてない私です。
大学の先生って一人の学生にこんなに親身になってくれないですよ。
このシーンとか、もっと後には、
文化祭のことをクラスで決めるシーンとか、
绮罗と零が始末書を書くシーンとか、
大学とは思えない。
晴美のいじめ方も、大学生のものとは思えない。

でも、お酒飲んでるし。
バスケの試合相手は何とか大学だったし。

私、いつもわかんなくなっちゃうんです。

それはさておき。

階段で绮罗とすれ違って、どこかしらぎこちない会話をする二人。

More
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-15 05:19 | 戦神

戦神 第三集 中文セリフ ③ 朝、学校で、绮罗と零

ひえー。途中までセリフ入れてたの、ぜーーんぶ消えちゃいました。
なんでやねん~~??

入力モードを日本語ー中国語と変えたり、ピンインチェックしたり、
めんどくさいんだよねー。

でも、この ピンイン入力が 勉強になっているのではないかと思い、がんばっているわけです。

なので、気を取り直して。。。

********************

次の日の朝、学校で、何気なく零を待っている绮罗。

(私のツッコミ)
この绮罗、コートまで着込んじゃって、変だよ~!
周りには、半そでの人もいるっていうのに。

この頃の绮罗は、まだ、内気でちょっと変わった子という殻に入っているんでしょうね。
绮罗が変わっていくのは、まだまだこれから。

このシーン、零に対する绮罗の揺れ動く気持ちが、よく現れています。
好きな人の一挙手一動に、ドキドキしたり、うれしく舞い上がったり、がっかりしたり。
あなたも覚えがあるでしょ?
あー。恋愛のはじまりっていいなあ~~。

はい、シーンのはじまりです。

零を待つ绮罗のどことなく落ち着かない様子。
零の姿を見た喜び。
思い切って、 と、声をかけて、その後、恥ずかしそうに下を向く姿。
 と、返したっきり、何も言ってくれない零をちらっと見る不安そうな绮罗。

2人は、一緒に行くのか行かないのか、微妙な雰囲気で歩いていく。

零 : 绮罗。

名前を呼ばれただけで、绮罗の顔がぱーっと明るくなります。

零 : 那个......昨天......

绮罗 : 你说这个手环啊。 还给你好了。

零 : 不是 不是。你知道嘛? 有时候在国外那只是一种礼貌性的 打招呼的行为。
在朋友之间 这是不代表什么。 那只不过是一种......

绮罗 : 逢场作戏。

零 : 对。 所以我们之间的关系还是......


って答える一瞬前に、零は、小さく、えっていうような言葉をつぶやくんですよ。

绮罗の 「調子を合わせたってことね」(逢场作戏を訳すのに、いい言葉が思い当たりません。)

に対して、(え?そういうつもりじゃなかったけど。。。)って、そんな気持ちが現れていると思う。

だけど、表面的には「うん。そうなんだ。」って 認めてみせている。

绮罗には、零の表面的な言葉しか通じない。

绮罗 : 我懂。我不会介意的。

無理に笑ってこれだけ言うと、零に後ろ姿を向けて歩いていく。
涙をこらえながら。

一方の零も、何でもないフリをしながらも、绮罗の後姿を見て、ちょっと放心して、目を泳がす。

绮罗も零も、自分の気持ちを押し殺しちゃうのね。

私、こういうのにホントに弱いです。
绮罗の姿を見て、涙 でそうでした。


このシーン、胸キュン度 ☆☆☆☆☆です。
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-08 08:42 | 戦神

第三集 中文セリフ② 初めてのキス

绮罗の家。
バイクの音に気づいた绮罗が外へ出てみると、そこには零が。

二人の会話。

零 「女の子にとって僕はシャネルみたいなものなのさ。僕と一緒に街を歩いていると人をひきつける。
だからなのさ。」

零 「僕だって、その場の楽しいことを求めてる。それだけさ。愛してるとか好きとか関係ないんだよ。」

绮罗 「あなたはそんな人じゃない。あなたは本当は愛を求めている人。自分をごまかそうとして、ガールフレンドを次々と変えたりしてるのよ。」

零 「おれは本当にこんな人間なんだ。」

零: 所以你最好离我远一点。

绮罗: 我也是这样告诉我自己 也教我自己离你远一点。怕你厉害我。 你根本不可能喜欢我。可是我越是这样想就越不自自主的靠你更近。最后根本没有办法走开。


あなたから離れようと思ったけれど、そう考えるとますます近づいてしまって、逃げられなくなってしまうの。という、绮罗の告白に、

零は、思わず绮罗の首に手をかけて、キス。

绮罗 : 我该回去了。

でも、零のブレスレットがからまってしまって。。。

ブレスレットのやつめ、なかなかニクイことをしてくれますな。
お守りとして大事にしてただけのことはある?!二人の仲を近づける大事なアイテムですね。

レースの4位でもらったというブレスレットを、送你 と言って、绮罗にはめてあげる。

零 : 它应该能保护你。

零 : 好,你赶快回去啊。 我在这边看着。 你回去。


聞いてください!!
ここのね、ここのね、零の表情がたまらなく好きなんです。

帰りなよ。ここで見ているから。って言った後、绮罗の目を覗き込んで、うん?!って促すような表情。

心がすごくこもっている。

そして、绮罗が家に入ったあと、ちょっと唇をかんで、少し苦しそうな表情。

零、何を思う?!


キスシーンからここまで甘くて切ない。

胸キュン度、ぐーーーんとアップの☆☆☆☆

そして、次の日の朝のシーンは、

ほろ悲しい切なさです。

これは、次回のお楽しみ。
[PR]
by hastings4245 | 2006-02-07 04:20 | 戦神